アプリケーション開発

さらに効率と作業品質をあげるには ~ BIM LABOはBIMアプリケーションのカスタマイズをおこなっています。

プレキャスト構造モデルを構造計算ソフトで応力検討をおこない、決定された建物の構造モデルをBIMアプリケーションで読み込ませて自動的に指定したアゴ付きのプレキャストファミリに置き換える。

こんなことが、BIMアプリケーションにプラグインを作成すると可能になります。

さらに伏図、軸組図の自動生成や構造躯体に鉄筋やケーブルを自動配置することが可能になります。

ARCHICADの場合はGDLを使った部品を作成することも可能です。