ステップ2. BIMによる設計スタートの準備

1. LOD標準の準備

モデリングを行なう前に「いつ・なにを・どこまで」作成するのかを最初に打ち合わせします。
その際の基準になるお客様仕様のLOD標準をBIM LABOが作成するか作成のご指導をします。
また作成したLOD標準を基準に、実際のモデル作業に対してモデル要素ごとにLODを定義していく方法も指導します。

要素毎のLOD

2. スタートアップ テンプレートの作成

BIMテンプレート

はじめてのBIM設計スタート時にテンプレートがあることで迷いなく作業を進めることができます。

このスタートアップテンプレートを作成するために、これまでの手法と照らし合わせたヒヤリングをおこない、必要最小限で過不足の無い内容でテンプレートを作成します。

スタート段階でBIMアプリケーションで作成するモデルや図面の種類に合わせて属性設定や環境設定を盛り込んでいきます。

このように実物件でBIM運用を始めることにより、さらに豊かなテンプレートへと育てることができます。

  • ステップ3. 実プロジェクトでのBIM運用

1 2

3

4