BIM LABOは先進的なデザインをおこなうため、どういう技術が求められるかを常に知ることから始めます。

”新しいサービスを開発する”ことや、もっと進めて”働き方を変える”ためのBIMへの取り組みを考えています。

”設計者のためのBIM”から”見るデバイスとしてのBIM”まで BIM LABOは自ら学び進めていきます。

BIMコンサルティング

BIMアプリケーションの使い方Q&Aにとどまらず、より効率的な業務の推進方法についてBIM LABOが提案しお客様と共同作業をおこないます。

icon21

ステップ1
BIMアプリケーション導入時の支援

BIMアプリケーションを関係者が使いだすことを実現するために、実務者によるBIMアプリケーションのトレーニングや、質疑応答がいつでもおこなえるFAQシステムをご提供します。

icon1

ステップ2
BIMによる設計スタートの準備

自社仕様のLOD標準を作成または指導し、最終的にスタートアップテンプレートを作成します。
このステップではBIM設計のスタートが円滑におこなえるようになるまで支援します。

icon3

ステップ3
実プロジェクトでのBIM運用

実プロジェクトによるチームワーク作業を指導します。ARCHICADではBIM cloudによる共同作業、Revitではワークシェアリングによる共同作業でBIM LABOメンバーが参加し、本格的なBIM運用を支援します。

BIM LABOが考える4つのミッション

どういう技術が求められるか常に知ること
固定観念を捨てて新たな分野を創りだすこと
意識の高い人材を育てること
新しいビジネスモデルを開発すること

ガイドライン・アプリケーション開発実績

制作実績一覧
  1. BIMLABOの執筆本

    BIM LABOの執筆本

    BIM LABOの執筆本をご紹介します。 BIMで設計ってどんな風にするのかな??...

  2. トレーニング

    BIM LABOは意匠設計、構造設計の実務者が意識の高い人材を育てています

  3. FAQサイト

    実物件でのBIMアプリケーションの操作の質問など、お客様とBIM LABOとの間で質...

  4. BIM LABOが提案するLOD

    「BIMは手間ばかりかかって、ビジネスにならない」ということにならないために

  5. ARCHICAD BIMガイドライン

    BIMガイドライン

    モデルの構築から図面への展開をわかりやすく解説